元気が一番♪ 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤカ1歳半健診

2011-01-25 (Tue) 14:31[ 編集 ]
先日、アヤカの1歳半健診に行ってきました。


体重 8400g
身長 76.5㎝
胸囲 43.9㎝
頭囲 46.0㎝


なんとか成長曲線に食い込んでまいりました\(^o^)/
…ま、頭囲だけは生まれたときから余裕のど真ん中なんだけど(笑)。

11月末の術後健診が7330gだったことを思うと、
2ヶ月弱で1キロ以上の体重増!
7キロでうろうろしてたのがうそみたい。
本当に本当にありがたいお話です。



身体の成長のほうは、小さいけれど事情が事情なので、
これから大きくなるでしょうということで問題なし。

このままさらっと帰れるぞ~!!



…と思ったら、


「言葉、少ないですねぇ。」だって(-_-;)


確かに、ユウマは1歳半の時、結構しゃべってました。
でも、アヤカがはっきり喋るのは「まんま!」だけ(笑)。
はっきり喋らないけど、「お父さん」「お母さん」も父母には聞き分けられるし、
「カズマ」「ユウマ」も「マ!!」って呼んでるし(笑)、
「パッ!!」(=アンパンマン)、とか言ってるし、
言葉がゆっくりでいろいろと検査を受けたりもしたカズマも
今じゃうるさいくらい喋ってるし、
なんの問題もないと思うんだけど…。

後で聞くところによると、
1歳半健診の言葉のチェックの目安は
話せる単語が3つあるかどうかなんだそうで…。
3つ以下は要観察なんだって(涙)。

「2歳になったらもう一度健診で様子見せてください」と、
小児科の先生から言われちゃって。
次は3歳までないと思ってたのに面倒なことになったぞ~、と思っていたら、
保健師さんからは
「保育所も言ってるしね、病気も途中あったし、心配いらないから。
 2歳ころにとりあえず電話させてもらいますね。」
…と言われました。
よかった~!!電話で済むらしい♪


そんなわけで、何とか先の予定を回避して健診は終了しました。


その翌日、プライドが傷ついたのか、
アヤカは突然「バイバイ」って言い始め、
「ぱっ!!」だったアンパンマンが「アンパ、ン!」になり、
母を探すときに「オアーアン!」と言うようになりました。
アヤカだってやるときゃやります!!




そんなわけで、アヤカはすくすく成長しています。
モリモリ食べて、バタバタ走って、
ギャーギャーケンカして(ユウマと…)、
アルソック体操しながら(超かわいい☆)、
毎日楽しく過ごしています。





最後にどうでもいい話ですが、
保健師さんは家族構成の表を見ながら話をされるんですが、
突然、旦那と私の年の差に興味を持ったようで、
「すごく年、離れてるね~!!」と。
そうなんです~、と答えると
「これだけ離れてると、あれかね?あれ??」
…って、あれってなんだよ(笑)。


「あなたがやんちゃ言うと、旦那さんがよしよし、ってする感じかね?」





…やんちゃ言いませんから~っ!!




年の差のおかげで「永遠に若い奥さん」の私ですが、
もう34歳3児の母、
やんちゃはおかしいだろ、やんちゃは(笑)。


スポンサーサイト

ドーナツは誰のため?

2008-11-30 (Sun) 15:50[ 編集 ]
日曜日ですね~。

カズマもユウマもぐ~っすりお昼寝中。
夕ごはんは昨日の残り物をちょこちょこっとアレンジして済ませる予定なので、
優雅な午後のひと時(?!)を過ごしております♪
あぁ~、なんか久しぶり、こういうの☆






というのも、
先週は1週間、予想外に忙しい毎日。
どんなふうに忙しかったかと言いますと、


月曜日…祝日でお休みの子供たちとダラダラ過ごす。



スタートはこうだったんですけどね…。







火曜日…病院
水曜日…病院
木曜日…病院
金曜日…病院
土曜日…病院




♪こいび~とよ、これがわたしの~一週間の仕事です~(涙)

…って歌にもなんないってねぇ…。




ダラダラダラ~っと書き綴りますので、
お時間のある方は続きをオープンしちゃってね♪





続きを読む »

カズマの言葉☆え?そんな診察?

2008-11-27 (Thu) 12:28[ 編集 ]

先月、3歳児検診に行った時に
保健師さんから勧められていくことになっていた病院。
(詳しくは「カズマ3歳児検診☆言葉のこと」をご覧あれ)
昨日行ってきました。





言葉の遅れや、発音の曖昧さに関係するって言われてる部分、
そのうち、聴力は中耳炎になった時にすでに検査済みで問題なし。
それなら、口の構造上の問題がないか検査してみませんか?
との勧めだったので、
そんな話になっちゃうと素人では発見できない部分ですから、
それなら受診しましょう、と紹介状をもらったわけです。







初めていく病院。
口の検査、っていうから、口腔外科かなんかかな~?なんて思ってたんですが、
予約の電話を入れたら、とりあえず小児科に予約します、と。

なるほど、小児科で受診して
何科を受診すべきか判断するわけか、と思ってたんです、母。
あぁ~、痛いこととかされないといいなぁ、なんて思ってたんですよ。






で、小児科を受診。
診察室に入ると女の先生が迎えてくれました。
なんか見たことある人だなぁ、と思いつつ、
思い出せないまま、診察スタート。



まず、名前、歳、保育園の組の名前を聞かれるカズマ。
いつもはお昼寝の時間なのでちょっとグズグズしながらも何とかこたえました。



先生の言っていることを真似する
「あおいそら」
「あかいくつ」とか。



積み木を何本か並べて高い低いの判断をさせる




その場でジャンプする。
ジャンプで前進する。
片足で立つ。







…???
なんですか、これ?





「発育上は問題はないようですね~」と先生。
うんうん、その辺は別に何も気になってないですけど…。




「発音があいまいなのが気になるって、検診の時に相談されたわけですね?」
と、また先生。





相談??いやいや、
ただ、中耳炎でかかった耳鼻科の先生に勧められて
発音の曖昧さが中耳炎による難聴のせいじゃないか確かめるために
聴力検査を受けました、って言っただけです。
問題もなかったし、耳鼻科にも今は通ってません。
だんだん、聞き取りやすくなってもきてるし。

でもでも、
何か問題があるのだとしたら早く見つけてあげた方が
本人のためにもいいと思うので、口の構造上の問題がないか
検査を受けてみられませんか?と言われて、今日来ました。





「構造上のことは、小児科で詳しく見るには限界がありますよね~」





…って、おい~っ?????!!!!


知らんがな知らんがなっ!!
私はあくまでも、
口の検査をするってことで、
この病院を紹介されて
紹介状もそういう趣旨のことが書いてあるんじゃないの???


「年齢相応の発育具合ですね~」って
そんなこと心配してないんですけど、ちっとも…。





…と思っているうちに思い出しました。
この先生、
1歳半検診で市から勧められていった発育相談に来てた先生だ~!!


3歳児検診でも勧められたけど、
市の発育相談は、あまり納得できるような話をされなかったので
今回は断ったんだよなぁ~。


でも発育相談でも、個別受診でも
結局先生は同じなんじゃないか…。
ど~いうこと??






最終的に、
親としては、カズマの発音については様子を見たいと思ってきたこと。
ただ、外科的な部分で原因があって、時間が解決する問題ではないとしたら、
早く対応してやりたいと思って、検診の時に受けた指示に従って受診したこと。
今はよくても、これから先、カズマがしゃべり方でからかわれたりしたら、
かわいそう…ってな話もあったので、心配になっていたこと。


そういった話を先生にしたところ、
小児科で見れる範囲を超えないけれど、
口の構造の異常っていう感じは見受けられない、と。
言語療法士による訓練を受けて、発音が改善していく子もいるけど、
本人が自分の言葉を気にし始めて、直したい!っていう気持ちが
少しでも起きてきてからではないと、
訓練しても、さほど効果は期待できないと思う、と。




どうしても心配なら、
口腔外科とか、かかりつけの歯科医の先生に診てもらってもいいと思うし、
せめて4歳くらいまで様子を見て、
その上でまだ不安な感じだったら
言語訓練をするっていう方法でもいいと思います、と。



…はい、本日知りたかったのはその部分だけです・・・。





結局、経過を見ます、っていうことで帰ってきました。
もちろん、再診の予定はありません。



こうなってみると
カズマは言葉を話すのが遅かったわけだし、
今、1歳3か月のユウマがしゃべってるような言葉を話し始めたのも、
2歳直前くらい。
それだけ、「おしゃべり歴」にハンディがあるわけだから、
当たり前に経過観察で良かったとは思うんですけどね…。




検診の時、保健師さんは本気で親身になって説明してくれたし、
今回の小児科の先生も、ちゃんと話を聞いて答えてくれました。




でもでも、
何かが違う気がして腑に落ちない母。


保健師さんに説明されたこと、
母がそれで理解した内容、
小児科の先生が診察してくれた内容

なんかすべてが食い違ってるように思えてきて。




保育園の担任の先生も
心配してくださってたのに、
え?そんな受診だったの?みたいなあっけにとられた顔。



まぁ、つらい治療とか、いやな思いとかしなくてすんで
よかったと言えばよかったんですが、
お昼寝返上で頑張ったカズマ、なんだったんだ?みたいな感じでした。





なんて言うか、
ホントにホントに、なんて言うか、
どう感想を言ったらいいのかわからない今回の受診でした。






よく考えれば、

6ヶ月検診で、目の上のあざを気にされて
通うのに1時間半かかる病院を受診した時も、

1歳半検診で言葉の遅れを指摘されて発育相談行った時も

今回の受診も、なんだかなんだか、終わってみればしっくりこない気持ちが残る。


どれもこれも、何もなかったんだから、
よしとしなければいけないのかもしれないけど…。






何なんでしょ、これって?!
あぁ~、今後、ユウマ&みかんちゃんの検診では
少しも少しも余計なことは言うのはよそうかしら…。

ユウマが若干、斜視っぽいのも気になるんだけど、
かかりつけの小児科の先生にも相談してあるので
検診では黙っとこうかしら…。



ふぅ、くたびれた。
これが、今回唯一の的を得た感想でありました(苦笑)。


歯科検診に行きました♪

2008-11-15 (Sat) 23:38[ 編集 ]


前記事の妊娠報告には
たくさんのお祝い&励ましの言葉をいただき、
本当にありがとうございました!
こんなにもたくさんの皆さんに応援していただけること、
とても幸せに思います。
皆さんの応援を大きな支えにして頑張りたいと思います!!
本当に本当にありがとうございました♪







今日は3カ月に1度の歯科検診の日でした。


カズマ・ユウマは歯の点検とフッ素塗布。
母も定期検診です。


カズマは11ヶ月の頃から行っているので、
歯医者さんも慣れたもの。
ひとりでイスに座って、
歯科助手さんの仰せのとおりに、
口をあけーの、うがいをしーの、
そりゃ~もう「ソトヅラ・ヨシオ」っぷりを見せつけておりました。



で、ユウマ。
ユウマは今回が2回目。
家での歯磨きも、最初は面白がっていたものの、
最近は泣くわ喚くわの大騒ぎ!
ご近所のみなさ~ん、いじめているわけではないのです~!
…といって回らなくちゃいけないかと思うほどの泣き声(汗)。


今日の健診もどうなることやら、
と思っていましたが、
上の4本、下2本しか生えていないユウマの歯。
診察イスに座ることもなく、
普通のイスで母に抱っこされたまま、あっという間に磨いて塗って終了。
…それでも泣いてましたけどね(笑)。




と、ここまではまぁ、無難に終わりました。
問題はこの後。
母の検診です。


母の検診は子供たちより時間がかかるんです。


カズマとユウマがその間じっとしているわけもなく…。
それでもカズマは座ってアンパンマンのDVDを見てたんですが、
ユウマはイスの上に立ち上がるわ、いろんなもの触りたがるわで
野放し厳禁状態。


仕方なく診察イスで寝転んで、
ユウマを抱っこして捕まえたまま、母の検診スタート。
11キロのユウマをみかんちゃんの上にドカッと乗せておくことはできないので
太ももの上あたりに乗せて捕獲。
これがまたなんとも捕まえにくい位置。
もちろん捕まえてても、じっとしているわけがなく
離せ離せとジタバタ!



タオルで目隠しされて無防備な母のお腹に頭突き!
治療に使う器具に興味津々でつい手が伸びるわ、
うがい用の水の入ったコップが気になっちゃうわでもう大変!






そのうち、カズマもジタバタしてるユウマが面白そうに見えたのか、
そばにやってきてイスによじ登ろうとしてみたり、
そりゃもうテンヤワンヤ…。




歯科助手さんが歯を磨いてくれている最中なのに、
耐えきれず、
「座ってなさいっ!!!!」と一喝しちゃったりして(笑)。
びっくりさせてごめんね、おねえさん(汗)。





そんなこんなでやっと3人すべて終わった時には
他の患者さんは誰一人として残っておらず…。
うち、診察に入ったのは最後じゃなかったはずなのに(汗)。
土曜日でいつもより早く診察時間が終わるはずなのに、
終了時間より1時間も遅くまでかかってしまってました。
ごめんなさい~、先生…。


次回からは、母の検診は
子供達が保育園に行ってる間にしよう…。






そして、
カズマがお腹にいる頃からずっと診てもらってる
院長夫人の副院長先生に3人目妊娠のお話をすると、
すごくすごく喜んでくださって
新発売のキシリトールタブレットをくれました(笑)。
「お母さん!マイナス1歳からのデンタルケアですよ!!」の
忠告つきでしたけどね(汗)。

この先生、私と歳も同じくらいだし、
2人の娘さんも、カズマユウマと同じくらい。
小児歯科にとっても熱心で、
いつもいろんなアドバイスをくださって、本当に頼りにしてます♪
いい歯医者さんに出会えてよかった~!!






ちなみに、
カズマ3歳1か月、ユウマ1歳3か月、ともに虫歯ナシ


母も異常なし。
最近、ちょっとしたことで歯茎からの出血があるような気がして、
妊娠の影響かなぁ~って、心配してたんですが
前回の検診時から変わりなく、
しっかりケアできていて、調子もいいですよ、とのこと。
よかった~。
これからまだまだ長い妊娠生活&産後の授乳生活。
何とか頑張って乗り越えたいと思います!!






みなさんも歯をお大事にね~!
虫歯になる前に定期検診、お勧めですよぉ☆

カズマ3歳児検診☆言葉のこと

2008-10-24 (Fri) 13:26[ 編集 ]
水曜日にカズマの3歳児検診に行ってきました。

身長は88.7㎝。
体重は12・8kg。


相変わらずのちびっこ街道を歩いておりますが、
ご存じのとおり非常に元気です♪




事前に家でやってから検診に行く
視力と聴力の検査もばっちりこなして、
歯も定期検診に通っているし、毎日しっかり歯磨きしているので
虫歯もなし!
至って順調な検診でした。



保育園のお友達が一緒だったんですが、
ここは保育園か?!って感じで
保健センターの廊下を走り回るわ、ころころ転ぶわで
そりゃもう大変な騒ぎでした(汗)。



まぁ、普段は思う存分遊んでる時間に
長時間退屈な拘束を受けるわけですから、
人に迷惑がかからない程度に大目に見ておきました(笑)。






このまま、何の問題もなく終了!


…と行きたかったんですが、
やっぱり引っかかっちゃいました、言葉のこと…。



カズマもだいぶんおしゃべりは上手になってきて
お友達ともコミュニケーションはしっかりとれているんですが、
どうしても発音ができない音があって…。

特にカ行とサ行は難しい。



カズマ→アズマ

トーマス→トーマウ

カブトムシ→カブトムヒ



…みたいな感じ。


誰が聞いても明らかに違う音に聞こえます。


でも母的には、
以前は言えなかったラ行が最近はきれいに言えるようになってきたし、
時間の経過とともに改善されていくだろうと思って
特に治療が必要とか、そんなことは思ってもなかったんです。



カズマ自身もその音が発音できてないことは気が付いていて、
一生懸命言い直してみたりしてるし、
そのうち、「お!言えたじゃん!」みたいな感じで上手になっていくだろうと。








検診の最後の問診で、保健師さんから
後日、市の発達相談に行ったほうがいいかも、と言われました。、


1歳半検診でも、言葉が出ないことを指摘されたカズマ。
あまり心配もしてなかったのに、
発達相談に行きなさいと言われて行ったんですが、
長い長い時間拘束されて、
待ち時間だけ延々と長かった割に、
何を見てくれて、何がわかったの?
みたいな状況の中、「経過観察」なんて言われて
何しに来たんだよ…、って感じだったので
今回は断ったんです。





でも、当日、
臨床心理士なる先生がいらっしゃるとかで、
検診の後、話をすることになったんです。


その先生と、
カズマが小さいころから地区の育児相談なんかでお世話になっていて
親身に接してくださってた保健師さんと一緒にお話ししたんですが、
一度、口の検査をしてみてはどうかという話になりました。



プロの目から見て、
やっぱり何か問題があってのこの発音なんじゃないかって。

聴力検査で異常はなかったので、
それなら、一つずつ原因を消去していくつもりで、
何らかの対処をしていったほうがいいと思うとのことで。



カズマは病院は嫌いではないんですが、
やっぱり、長時間退屈な思いをさせなくちゃいけなかったり、
治療でつらい思いをしちゃうかも、と思うと、
最初はこのお話も断りたいなぁ、と思ったんです。




でも、先生が今、治療を進める理由は
今が一番ベストだからだっておっしゃるんですね。


「今は多少言葉や発音がおかしくてもお友達とうまく遊べると思います。
 でも、年齢が上がるにつれて、お友達にしゃべり方を真似されたり、
 からかわれたりしてしまうことって増えていくと思うんです。
 そうなると、今こんなに元気にお話しできてるのに、
 カズマくんが傷ついてお友達とのかかわりを拒否してしまうかもしれない。
 そうなる前に、訓練が必要な状況かどうかをしっかり見極めて、
 必要なら、早い段階で取り組んであげるほうが、ずっといいと思いますよ。」






ここまで話してもらってやっと納得できました。
そうか、聞き取れるからいいんじゃないんだ。
カズマはこれからどんどん父や母から離れて
友達との世界を築いていかなくちゃいけないんだ。


その中で、カズマ自身が努力していかなくちゃいけないことは
たくさんたくさんあると思いますが、
この言葉の問題が、
本人の努力で解決できない原因があるのだとしたら
それを解決してあげるのは親の仕事。



そう気がつくことができました。


時間が解決してくれるのが一番楽。


もし、問題が見つかれば、
新たに病院や訓練に通う生活が始まるかもしれなくて
それは正直、面倒なことですが、
やらないわけにはいかない。





言語聴覚士さんの訓練が受けられる病院ということで、
今迄に行ったことのない病院に行くことになりました。
同じような子もたくさんいるのかな?
予約は1カ月先しかとれませんでした。
またその経過は報告できればいいなぁと思っています。





検診の時も
お友達とおおはしゃぎで遊んで、
保育園でも送迎時に
お友達とすごく楽しそうに、笑顔いっぱいで遊んでいるカズマ。





どうか、この前向きで明るくて元気いっぱいな今のカズマが
今のまま、素直に大きくなってくれますように。









検診のあと、久しぶりに二人きりでデートしてきましたが、
長くなったので、また後日、です。








まだ、体調いまいちで、PCに向かうのが少しつらいです。
だいぶん落ち着いてきていますが、
もうちょっとかな~。
レスできてない皆様、読み逃げしちゃって皆様、ごめんなさい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。