2009年07月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズマ3歳10ヶ月☆揺れる兄心

2009-07-21 (Tue) 09:19[ 編集 ]
今日でカズマは3歳10ヶ月になりました。



つい先日も記事にしましたが、
このところ、さらに輪をかけて
ビックリするぐらい手に負えません…。


ひとりでトイレに行けないと言ってみたかと思うと、
ユウマが行こうとすると邪魔して立てこもってみたり…。


保育園では朝のお別れが嫌で泣きわめいたかと思えば、
迎えに行くと帰りたくなくてギャン泣きしたり…。


おもちゃの片付けは言われてもなかなかできず、
なのに、父母が手伝おうとしようものなら
自分がするんだと泣いて猛抗議!




…こうやって文章にできることはまだましな方で、
カズマが何を要求してるんだかさ~っぱり分からないことばっかりで、
父も母も理解しきれていないので、
文字にすることすらできないような
不可解な行動がさく裂しちゃっています。



なんだかんだ言って、
多少の赤ちゃん返りも含まれてる感じなのかもしれないなぁ。




ユウマが生まれた時には、
はっきりと「やきもち」っていう形で赤ちゃん返りが現れて、
ユウマをたたいたり蹴ったりなんてこともありましたが、
アヤカのことはかわいくてかわいくて仕方がない様子。
誕生から対面まで1カ月も待たされた分を
精一杯取り返そうという勢いでデレデレ…。
なので一見、赤ちゃん返りというわけじゃないように見えますが、
アヤカに対するやきもちというわけじゃなくて、
自分に周りの目が向いていないような不安に駆られてるんでしょうね。



ここは親がしっかりがっつり愛情を示してやらなくては!
…と意気込む父母ですが、
なかなかどうして、楽なことじゃないんですよね…。

ユウマは明らかに抱っこされる回数が減ったのに気がついて
「抱っこ~」ってずっと要求してくるし、
かと思えば、トイレに行けるようになったり、できることが増えて
そのフォローも手がかかっちゃうし、
アヤカにはもちろん、「自分でやりなさい!」なんて言えないし(苦笑)。



カズマは「お兄ちゃん」である自分にプライドがあるようで、
意図的に「お兄ちゃん扱い」をしてみると
予想以上に期待に応えてくれることがあります。
一方で、弟妹のことはちょっと置いといて…ということになると
そりゃもう、甘えたいわ、わがまま言いたいわで
むちゃくちゃな行動にでるわけで、
この両極端の行動にまいりまくってる父母なのです。


実際、カズマと同じクラスの同じ年代の子でも
まだまだ、抱っこされて保育園に来る子もいるし、
3歳や4歳って、まだまだ甘えが勝って当然なのかもしれませんね。

カズマはそんなお友達を目の当たりにしつつ、
お兄ちゃんだというプライドも頑なに守ってるから、
自分でもどうしたらいいんだか分からないのかもなぁ。




「揺れる乙女心」ならぬ「兄心」。



もうすぐ4歳。
いい節目になってくれますように…。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。