2009年10月のエントリー 

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤカ受診記録☆初めて快方に!

2009-10-07 (Wed) 22:46[ 編集 ]
月曜日、アヤカの心臓外来受診の日でした。


3週間前、
そう遠くはない時期に、
県外の病院で手術を受けなくてはいけないだろうという診察結果を受け、
なれない場所での入院、付き添い生活や、
残していくカズマユウマの事を考えて
不安山盛りだったマックス家。
(「山盛り」っていう表現、カズマのクラスの流行り(笑))




思えば生後1週間で心室中隔欠損症の診断を受け、
自然閉鎖するだろうと勝手に信じ込んでいたら、
手術の必要があるだろうと知らされ、
1歳まではなんとかもつだろうと思っていたのに、
状況がよくなくて時期が早まりそうだと言われ、
極め付けに県内で手術ができる施設がないと言われ、
もう不安に不安を重ね続けてきたアヤカの心臓外来受診。



いつも、状況が好転するかも…と淡い期待を持って受診をしてきましたが、
ここまで毎回毎回不安要素が増えていくと、
淡い期待も淡くなりすぎちゃって…。

今回は、
具体的にどこの病院でいつ頃手術、
なんていう具体的な話になっちゃうんだろうな…。
そう覚悟を決めての受診でした。




体重は4710g。
3週間で420gのプラス。
ちょっと増え方は緩やかになりましたが、
それでもアヤカ的には順調な成長です。



そして、眠っちゃうお薬を号泣しながら飲んで
熟睡下での心臓エコー検査。


ずっとそばで見てるんですが、
もちろん、画面に映る映像やら解析画面やらさーっぱり意味がわからないので
ただただじっと待つばかり。



そしてエコー終了後、先生からのお話。







「今回はいいですね。」







!!!!!!!!!!!!





穏やかで優しい感じの先生なんですが、
穏やかな表情が一段とマイルドになって、
それはもう嬉しい報告♪




アヤカの今までの状況は、
右心室と左心室の間に開いた穴からの血液の漏れが大きくて、
その影響で肺の圧力が高く、
通常以上の血液を処理しなくてはいけない心臓が少しづつ肥大していました。


その2つともが、今回は快方に向かったんです!







前回の診察結果から、主治医の先生が
アヤカの手術をしてもらいたい病院に問い合わせてくださっていて、
12月~1月のあたりで、という話になっていたようですが、
今回の診察の結果だと、
そんなに早い時期に手術をする必要がなくなる可能性が高そうだと!!
手術をしなくてもいいとは言えないけど、
少しでも先延ばしにしながら様子を見て行ける状況になったと言ってもらいました。




アヤカ!頑張ってくれてありがとう!








期待する度によくない診断結果を聞かされて落ち込んできた母。
どうせ落ち込むなら、期待しない方がいいや…、って
日に日に自然閉鎖への望みを減らしてきました。


そんな中、アヤカの体は頑張ってた!!





母、期待し続けることにします。
望みを捨てないで、
アヤカの力を信じていこうと思います。



プロの先生の目から見て、
いずれは手術をしないといけない状況であったとしても、
それでも、信じていこう。



信じて期待したぶん、
もし手術になった時はその落胆はすごいかもしれないけど、
それでも、今は精いっぱい期待していたいと思います。


アヤカはもともと
羊水のなくなってしまった母のお腹の中から
自分の力だけでこの世に生まれてきたパワーのある子。
きっとどんな局面も乗りきってくれます。
家族にできることは、そのパワーを信じることだけですもんね。
みんなでパワー山盛りでがんばります♪







ただただ、
今現在、心臓に病気があることは事実。
発熱や肺への負担は厳禁。

そんな中、新型インフルエンザが爆発的に流行するであろうこの秋、
そしてあらゆるウィルスが蔓延する冬、
感染症にだけは十分に警戒して!とのことでした。


保育園児が2人もいて、
客商売をしている我が家って、とても危険なんですが、
できる限りの策を尽くして行きたいと思います。


アヤカの受け入れを打診してもらった病院でも、
一応受け入れ可の返事はもらったんですが、
新型インフルが爆発的に拡大したら、
受け入れられないとの条件付きだったそう。
医療現場もそれだけ先の読めない状況に苦心してるみたいですね。


新型インフルの予防接種も始まりますが、
我が家が接種対象に当てはまる
「小学校低学年以下の児童」
「1歳未満の乳幼児の両親」が
(正確な文言が違ってたらごめんなさい)
接種できる時期は早くて年末、実際には年明けになるだろうと
主治医の先生から聞きました。
季節性の接種との間隔で迷ってらっしゃる方がいらっしゃったら、
早い時期に季節性をすましておくのがベストですよ。
参考までに。







話が長くなっちゃいましたが、
次回、アヤカの受診は4週間後。
きっともっと快方に向かうはず!
頑張ろうね、アヤカ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。