スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズマの言葉☆え?そんな診察?

2008-11-27 (Thu) 12:28[ 編集 ]

先月、3歳児検診に行った時に
保健師さんから勧められていくことになっていた病院。
(詳しくは「カズマ3歳児検診☆言葉のこと」をご覧あれ)
昨日行ってきました。





言葉の遅れや、発音の曖昧さに関係するって言われてる部分、
そのうち、聴力は中耳炎になった時にすでに検査済みで問題なし。
それなら、口の構造上の問題がないか検査してみませんか?
との勧めだったので、
そんな話になっちゃうと素人では発見できない部分ですから、
それなら受診しましょう、と紹介状をもらったわけです。







初めていく病院。
口の検査、っていうから、口腔外科かなんかかな~?なんて思ってたんですが、
予約の電話を入れたら、とりあえず小児科に予約します、と。

なるほど、小児科で受診して
何科を受診すべきか判断するわけか、と思ってたんです、母。
あぁ~、痛いこととかされないといいなぁ、なんて思ってたんですよ。






で、小児科を受診。
診察室に入ると女の先生が迎えてくれました。
なんか見たことある人だなぁ、と思いつつ、
思い出せないまま、診察スタート。



まず、名前、歳、保育園の組の名前を聞かれるカズマ。
いつもはお昼寝の時間なのでちょっとグズグズしながらも何とかこたえました。



先生の言っていることを真似する
「あおいそら」
「あかいくつ」とか。



積み木を何本か並べて高い低いの判断をさせる




その場でジャンプする。
ジャンプで前進する。
片足で立つ。







…???
なんですか、これ?





「発育上は問題はないようですね~」と先生。
うんうん、その辺は別に何も気になってないですけど…。




「発音があいまいなのが気になるって、検診の時に相談されたわけですね?」
と、また先生。





相談??いやいや、
ただ、中耳炎でかかった耳鼻科の先生に勧められて
発音の曖昧さが中耳炎による難聴のせいじゃないか確かめるために
聴力検査を受けました、って言っただけです。
問題もなかったし、耳鼻科にも今は通ってません。
だんだん、聞き取りやすくなってもきてるし。

でもでも、
何か問題があるのだとしたら早く見つけてあげた方が
本人のためにもいいと思うので、口の構造上の問題がないか
検査を受けてみられませんか?と言われて、今日来ました。





「構造上のことは、小児科で詳しく見るには限界がありますよね~」





…って、おい~っ?????!!!!


知らんがな知らんがなっ!!
私はあくまでも、
口の検査をするってことで、
この病院を紹介されて
紹介状もそういう趣旨のことが書いてあるんじゃないの???


「年齢相応の発育具合ですね~」って
そんなこと心配してないんですけど、ちっとも…。





…と思っているうちに思い出しました。
この先生、
1歳半検診で市から勧められていった発育相談に来てた先生だ~!!


3歳児検診でも勧められたけど、
市の発育相談は、あまり納得できるような話をされなかったので
今回は断ったんだよなぁ~。


でも発育相談でも、個別受診でも
結局先生は同じなんじゃないか…。
ど~いうこと??






最終的に、
親としては、カズマの発音については様子を見たいと思ってきたこと。
ただ、外科的な部分で原因があって、時間が解決する問題ではないとしたら、
早く対応してやりたいと思って、検診の時に受けた指示に従って受診したこと。
今はよくても、これから先、カズマがしゃべり方でからかわれたりしたら、
かわいそう…ってな話もあったので、心配になっていたこと。


そういった話を先生にしたところ、
小児科で見れる範囲を超えないけれど、
口の構造の異常っていう感じは見受けられない、と。
言語療法士による訓練を受けて、発音が改善していく子もいるけど、
本人が自分の言葉を気にし始めて、直したい!っていう気持ちが
少しでも起きてきてからではないと、
訓練しても、さほど効果は期待できないと思う、と。




どうしても心配なら、
口腔外科とか、かかりつけの歯科医の先生に診てもらってもいいと思うし、
せめて4歳くらいまで様子を見て、
その上でまだ不安な感じだったら
言語訓練をするっていう方法でもいいと思います、と。



…はい、本日知りたかったのはその部分だけです・・・。





結局、経過を見ます、っていうことで帰ってきました。
もちろん、再診の予定はありません。



こうなってみると
カズマは言葉を話すのが遅かったわけだし、
今、1歳3か月のユウマがしゃべってるような言葉を話し始めたのも、
2歳直前くらい。
それだけ、「おしゃべり歴」にハンディがあるわけだから、
当たり前に経過観察で良かったとは思うんですけどね…。




検診の時、保健師さんは本気で親身になって説明してくれたし、
今回の小児科の先生も、ちゃんと話を聞いて答えてくれました。




でもでも、
何かが違う気がして腑に落ちない母。


保健師さんに説明されたこと、
母がそれで理解した内容、
小児科の先生が診察してくれた内容

なんかすべてが食い違ってるように思えてきて。




保育園の担任の先生も
心配してくださってたのに、
え?そんな受診だったの?みたいなあっけにとられた顔。



まぁ、つらい治療とか、いやな思いとかしなくてすんで
よかったと言えばよかったんですが、
お昼寝返上で頑張ったカズマ、なんだったんだ?みたいな感じでした。





なんて言うか、
ホントにホントに、なんて言うか、
どう感想を言ったらいいのかわからない今回の受診でした。






よく考えれば、

6ヶ月検診で、目の上のあざを気にされて
通うのに1時間半かかる病院を受診した時も、

1歳半検診で言葉の遅れを指摘されて発育相談行った時も

今回の受診も、なんだかなんだか、終わってみればしっくりこない気持ちが残る。


どれもこれも、何もなかったんだから、
よしとしなければいけないのかもしれないけど…。






何なんでしょ、これって?!
あぁ~、今後、ユウマ&みかんちゃんの検診では
少しも少しも余計なことは言うのはよそうかしら…。

ユウマが若干、斜視っぽいのも気になるんだけど、
かかりつけの小児科の先生にも相談してあるので
検診では黙っとこうかしら…。



ふぅ、くたびれた。
これが、今回唯一の的を得た感想でありました(苦笑)。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

保健指導ってそんな感じなんです・・。
余計なお世話な事を押し付けたり。
そっとしておいてほしいときに
思い出させたり。
そして横の繋がりが全然なってない。
カズマくん。
おじちゃんも応援してるから。
ゆっくり楽しく話してイコーねー

コッチの意図が伝わってなかったり
分かってるわ!って事されると余計に疲れるね・・・
外から見えない分、原因がはっきり分かったら
まだ楽になるのにね~
発育とかの問題かもしれないし
難しいねぇ・・・
早く解決するといいなぁ~

想太の時に同じ様な経験をしたので、
それ以降は、余計な事言わない様にしてるよ~(笑)
「育児とかその他の事で、心配事はないですか?」
「ないです!!(キッパリ)」(笑)
心配な事が出来ても、小児科に行った時とかに、ついでで聞く事が多いわ。
あっちこっちから話聞くと、食い違いが結構あって、
余計にストレスになる事もあるもんね~(ー"ー )

あたしも おかんさんと同じく
キッパリ『心配なとこはありません』って言っちゃうよ♪
保健婦さんが 何か言いたげでもシャットアウト!
『いつもは出来るんですけどねー。
また心配なら相談しに来ますねー』って先手打っちゃう。
確かに色々な子どもを見てはるし、
何か異常があるかも…っていう目は持ってはるかもしれないけど
色眼鏡で見過ぎな部分もあるような…
うちの2号も少し発音悪いけど
これも個性かな…って思ってます。二年生だけど(笑)
3歳のカズマくんは無限の可能性だよー。

斜視も気にすると どんどん そー見えてくるよね。
小さいときは斜視気味に見えることもあるみたいだよ。
目の検査はユウマくんの年齢だと難しいかなぁ…
心配なら小児眼科とかで診てもらって安心するのが一番ですよ♪
今はまだ視力も上がっていく年齢だし
きっと大丈夫。心配ないよ(^-^)

でもでも大切な大切な我が子達。
心配なとこが目に付いたりしちゃうよね。
あたしも多動の心配から始まり
心配ばかりして、かなり神経すり減らして育児してきました。
んまぁ、今もなんですけど(汗)
愛の分だけ心配しちゃうんですよねー。

カズマくん関係のない診察だったけど
発育の問鯛

続きです

途中で切れちゃった。ごめんなさい。


発育に問題なしってだけで、じゅーぶんですよ♪
発育に問題ありかもって思い悩んでいた
さるままにとっては羨ましいお言葉です。

子供の成長のことになると心配で大丈夫って思っても念のためにって思いますよね。
で、こっちの意見がうまく伝わらないとなんだかわかなくて
余計に不安になってしまったり。
でも、時間が経つと結局大丈夫だったなぁ~みたいなぁ。
保険士さんが過敏になったのかもしれないですね~
とりあえず何もなくてよかったです☆

 うちはカズマくんより言葉、遅いと思います。2歳過ぎて
やっと一語文。最近、「あっち、いこ」「これ、にゃーに?」
と言ってますが、発音だってしっかりしてないし。
でも、お父ちゃんはもっとう~んと遅くて、お父ちゃんは
口の構造に問題があって、言葉の教室に通っていた
そうです。
 せいが保育園に行くまでは気長に見守ってきたんですが、
周りの同年代の子がみんな話してるのを聞いて、
ちょっとへこみました。かと言って、今相談に行っても
もう少し様子みてって言うお医者さんが多いので、
行ってませんが。。。

☆お返事☆



☆鍵コメさんへ
ありがとう♪
そうだよね~、その子それぞれにいろんなスタートラインがあるもんね。
信用できるかかりつけの病院があるんだったら
とことん、そのお医者さんに相談しつくしてみればいいのかもね!




☆怪獣パパさんへ
パパさんにはこの話題になるたびにいつもそうやって励ましてもらって。
本当にありがとうございます。
1年に1回とかしか会わない人との間のやり取りより、
普段からそばにいるかかりつけ医や保育園の先生の方が
やっぱり良く分かってくださってますもんね。
焦らずに、カズマの言葉の成長を楽しみたいと思います♪




☆macoちゃんへ
う~ん、そうなんだよね~。
医学的な部分とかだと、どんなに頑張ったって自分じゃ分からないもんね…。
保健師さんはそのつもりで受診を勧めてくれたんだろうけど、
結局、その部分には触れないまま終わっちゃって。
いつも行ってる小児科の先生にも相談してるから、
そこで様子を見ていくことにするよ。



☆おかんさんへ
ホント、今回のことでよ~く分かりました。
いろんな人の意見を聞くことは大事だけど、
私はそれにふりまわされやすい性格なんだって(汗)。
カズマは2歳過ぎるまであまり病気をしなくて
かかりつけ医ってのがなかったんですよ。
だから、検診が唯一の相談の場って感じで。
その時の癖が抜けてないんですね、私。
今は信頼できるお医者さんにお世話になってるので、
そこに頼ることにします♪



☆さるままさんへ
私も今回の検診は、
意を決して発育相談っていうやつの勧めは断ったんですけどね、
口の構造上の問題だとか言われちゃうと、
病気なのか?!なんて不安になっちゃったりして…。
でも冷静になって考えれば、
普段から風邪ひいたりでしょっちゅう病院に通ってるんだから、
それこそ検査が必要なんて話になるなら、
とっくに担当の先生が気付いてくれてますよね(汗)。
ユウマが斜視っぽいのも小児科の先生に聞いてみたことがあって、
3歳くらいまで様子を見てからでいいと思うって言われてるんですが、
健診でもついポロッと言いそうになるんですよね…。
でも小児科の先生のことは、しっかり信頼してるので、
ユウマの次の検診では私も「心配なことはありません!」って
言って見せます!
前日に練習していきます(笑)。




☆コウーリンさんへ
そうなんですよね。
育児って迷っちゃうことばっかりなのに
素人の知識じゃどうにも解決できないことまで悩みに入ってきちゃうと
そりゃ~もう困っちゃいますよね(汗)。
今までいくつも時間が解決してくれたことってあったはずなのに、
悩みにつきあたるたびに、いまだにあたふたしちゃいます。
もっと、肝っ玉かーちゃんにならないとなぁ(笑)。



☆よりにゃんへ
実際に聴力や口の構造に問題があって
言葉がゆっくりだったりはっきりしなかったりって言うことはあるんだよね。
カズマもホント、ゆっくりだったよ~。
確かに2歳の初めは単語がほとんどだったもん。
保育園のお友達でも同じ年でもすごくおしゃべりな子と、
一生懸命話してくれるけど、正直理解できないなぁっていうこがいるよ(笑)。
今になって思えばホント、ちょっとの差なんだと思うなぁ。
セイくんもカズマも、ゆっくりでもいいから
心配なことが解決していくといいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maxbrothers.blog113.fc2.com/tb.php/301-a357e265

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。