スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤカ受診記録☆春よ来い!!

2010-02-02 (Tue) 11:28[ 編集 ]
昨日はアヤカの心臓外来の受診日でした。


まずは身体測定。
体重は今度こそ6キロ超えを!と願っての計測でしたが
わずかに及ばず5,940g。
う~ん!お昼の離乳食を食べてから受診すればよかった!!
(違うか…(汗))
身長は62.3センチ。
なかなか遠い成長曲線です。


その後、眠ってエコー検査を受けるために眠たくなる薬を飲みます。
これを飲んで眠るのを待つんですが、
なかなか寝ない(笑)。

というのも、
病院に行くのは12:30くらいなんですが、
月曜の午前中、アヤカはほとんど寝てます。
土日、お兄ちゃんズの大騒ぎでお昼寝もろくにできないから、
月曜日はお疲れなんです…。

たっぷり眠った直後なので、
薬を飲んでも、コテッと眠れるようなことはなく、
じわじわと睡魔に襲われていきます。

昨日はこの「じわじわタイム」を有効に使おうと、
この間にRSウィルスの予防接種と
心臓のレントゲン撮影をすることに。



じわじわーっと眠くなってきたところに注射されてまた目が覚め、
またじわーっときたところに、レントゲンの撮影台に座らされて
押さえられてビエーン!と泣いて目が覚め…。


これは本当に時間の有効利用なのか?!




結局はエコー検査のギリギリ直前に寝ました。
ほっ、間に合った…。


エコー検査の結果は前回とほぼ変わりなし。
心臓の大きさはやっぱりちょっと大きめ。
肺の圧は正常値ギリギリ。
心臓の穴の大きさは3ミリくらい。


前回にも言われていたことですが
次は4月に詳しく検査して、
1歳での手術をするかどうかの判断をすることになりました。


少しづつだけど体重も増えてるし、
普通に生活してるし、
本当に手術が必要なのか、
いまだに覚悟ができない母ですが、
増えてるとは言っても一向に成長曲線に届かない体重。
ここがやっぱり一番の判断材料のようです。

2,108gで生まれて、
生後間もなく心室中隔欠損症が発覚したアヤカは
最初の1ヶ月はミルクの量も制限されていたので
体重のグラフはもともと低い位置から、さらに出遅れてのスタートです。
でも、それが1ヶ月の摂取制限のせいだったら、
乳児期のうちに十分に追いついてくるのが普通なんですって。
だから心臓の負担が体重増加に影響を与えてる部分があるんじゃないかなぁ、
というのが先生の見解のようです。


まぁ、病気については努力してどうにかなるものではないので、
成り行きを見守るしかないけど、
手術をするにしてもしないにしても、
体重が増えるのはアヤカにとっては重要なこと。

一度に食べられる離乳食の量もかなり増えてきたので、
母もしっかり離乳食づくりしたいと思います!!
まだまだカズマとユウマの食事にも気を使うので、
とかく手を抜きがちなのでね、アヤカの分(汗)。
頑張ります♪




手術を延期できるような検査結果が出る、
それとも、いっそ手術をして心配を取り去る、
どっちがアヤカにとってベストなのかは正直分かりませんが、
とにかく4月。
アヤカに明るい春がやってきますように♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maxbrothers.blog113.fc2.com/tb.php/531-dfd36c42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。