スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アヤカ受診記録☆心臓カテーテル検査

2010-04-25 (Sun) 23:09[ 編集 ]
火曜日から2泊3日で入院し、
心臓カテーテル検査を受けたアヤカ。

アヤカは「心室中隔欠損症」という先天性の心疾患があります。
心臓の右心室と左心室の間の壁に穴があいている病気です。
本来ないはずのこの穴を血液が流れることが原因で、
心不全をおこしたり、肺高血圧を起こすのがこの病気です。


アヤカは月に1回受診して、
レントゲンやエコー検査で
心臓の大きさや、肺の血圧の推測値を見て来ました。

この検査で分かるのはあくまでも推測値。
一度、正確な数値が分かるカテーテル検査を受けておいた方が
今後の手術時期を判断するうえで安心だろうと言うことで、
今回、検査入院をすることになりました。



P1010931 - コピー

入院当日。
まずは血液検査のために採血。
母は処置室の外で待機…。
アヤカって体は小さいけど、泣き声はびっくりするくらい大きいんです。
もう、処置室のドア、意味ないじゃん…ってくらいに、
アヤカの泣き声が響き渡る小児病棟(汗)。
結構長いことかかって出てきたアヤカは汗だく!
0歳児の小さな手の甲に2つ、針の刺し跡…。
ぐすん、母まで泣けてきちゃう(涙)。


その後、先生からカテーテル検査の説明を受け、
眠る薬を飲んで、眠ったところをエコー検査。
じーっくりたーっぷり40分くらい…。

眠っているうちに急いで心電図をとるための検査室に移動!
検査しようとしたら起きちゃいましたが、なんとかクリア。

そのままレントゲン室へ移動して胸のレントゲン撮影。


初日はこんな検査で終了しました。
↑写真は夕食時のアヤカ。
いつも家では50~70gのおかゆとおかずなんですが、
病院で出てきたおかゆは100g!
おかずも2品とリンゴ。
10ヶ月ってこんなに食べるの?!って驚きましたが、
この日のアヤカ、ほぼ完食しました。
いっぱい泣いておなか減ってたかな?!

慣れない場所での夜も心配していましたが、
案外すんなり就寝しました。




P1010936 - コピー

入院2日目。
この日はカテーテル検査の本番です。
朝9時にお風呂に入れてもらって病衣に着替えます。
一番小さいサイズの病衣ですが、大きいのなんのって(笑)。
ズボンはズボンの機能を果たさないので、レッグウォーマーで…。

入院する日の朝、留守番のユウマに
「アヤちゃん頑張るから、ユウマの大事なおもちゃをひとつ貸してやってくれない?」
ってお願いしたら、本を1冊貸してくれました。
ユウマも優しいお兄ちゃんになったなぁ。


その後、点滴。
処置室に連れて行かれるアヤカは、不穏な空気を察知して号泣!
その号泣のまま、手に点滴、足にもルートを確保されて、
包帯ぐるぐる巻きで帰ってきました。

泣き疲れて眠ること1時間半。
目が覚めたところに、眠たくなる薬を飲まされちゃうアヤカ。
でもよく寝ちゃった後なので、なかなか寝ない…。
それならおっぱい飲ませて寝かせよう!
…と行きたいところですが、
検査の2時間前の11時から絶飲食中。

目がしょぼしょぼっとし始めたところに、
今度はお尻に皮下注射!
これまた寝かせるための注射です。


…が、なかなか寝ない…。
この時のアヤカは、なにかを感じていたんでしょうね。
寝たら何かされる!って(笑)。


P1010939 - コピー

結局、検査室へ出発する時間になっても熟睡しないアヤカ。
小児科病棟のアンパンマン号(ストレッチャーです)に乗ってもご覧のあり様。
仕方なく抱っこして移動することに。
…と、移動中に寝ました。


検査室に入ったのが13時。
終了予定は3時か3時半くらいの予定でしたが、
予想外に早く終わって2時半には病室に戻りました。

P1010942 - コピー

右足の付け根からカテーテルを入れたので、
右足は曲がらないようにがっちり固定され、
写真のようにタオルケットの上から重し。
この状態で、検査終了から3時間半後の17時30分まで、絶対安静!

検査室に入るときには眠った状態で送ったアヤカですが、
直後に目を覚ましたそうで、静脈麻酔で眠らせ、
そしていざ検査!と検査台に移したらまた起きちゃって、また静脈麻酔。
その後、検査中にも目覚めかけて、3度目の静脈麻酔。
かな~り薬を使ったので、術後はぐっすり寝ていて、
17時30分なんて余裕だわぁ!…と思っていたら17時に目覚めました(涙)。

目が覚めちゃたらまた静脈麻酔で寝かせるって聞いていたんですが、
あと30分だから、お母さん、添い寝でもしておとなしくさせといて、と先生。


…無理ですから(汗)。


看護師さんと、押さえながら歌ったり笑ったりで必死のご機嫌取り。
泣きわめくアヤカとの長い長い30分の闘いを乗り切って
7時間ぶりに授乳。
「少しずつ飲ませて、吐かないようにね」と先生。
…あっさりおっしゃいますけどね、
7時間ぶり+泣きじゃくった後に少しづつおっぱいなんて無理ですから…。




P1010943 - コピー

30分、泣き続けたので汗だくです(汗)。
案の定、がっつりおっぱいを飲んでなんとか落ち着いたアヤカですが、
お腹がへってるからじゃなくて
精神安定剤的におっぱいから離れず、
絶飲食中で食べられなかった昼食についてたおやつをひとかじりした以外は
夕食もほとんど食べず。


一日の大半を寝て過ごしたので、夜は寝ないかも…って覚悟していましたが、
あれやこれやでお疲れだったようで、
20時にはあっけなく就寝。
何度か目を覚ましはしましたが、朝までよく寝てくれました。



P1010947 - コピー

翌朝、退院の日です。
夜も点滴はしたままだったので、
顔がむくんでいます…。
体も相当だるかったんでしょうね。
朝食は全然食べず、機嫌もいまいちで、笑わなかったなぁ。

先生が傷のチェックに来てくれて、
点滴をはずしてくれると、俄然元気になっちゃって!!
すっかりいつも通りのアヤカに戻りました♪




肝心の検査結果はと言うと、
肺高血圧は正常値ギリギリ。
穴を流れる血液の量は手術を検討する基準値をわずかに超えている数値だそう。
詳しい結果と今後の動向は、また5月中旬の受診で聞くことになりましたが、
今すぐ手術!という感じではないようです。
そのまま手術も覚悟していたので、
少し肩の荷がおりました。


まだまだ不安は尽きないアヤカの病気。
でもこうしてひとつづつ乗り越えて行かなくちゃいけない。
家族みんなで、小さなアヤカと一緒に頑張っていきます!!

痛い思いをたくさんしたアヤカ、よく頑張ったね。
いい子でお留守番してくれたカズマユウマ、えらかったね。
家と病院を行き来し、家のこと、保育所のこと、仕事のこと、
一手にすべて引き受けてくれた父、ホントにありがとう。
そして、小さな小児用ベッドで添い寝した私、お疲れさま!(笑)

コメント

ホンマ、家族みんなお疲れ様。
小さい子やのに、ホンマいっぱい頑張ったよな。
この先の進み方も気になるところだけど、
今はいっぱいギュッとしてやりたいよな。
兄ちゃん達も、えらいえらい!(≧▽≦)
お前らもギュ~!!じゃ!!(≧▽≦)
パパりんもご苦労様!
パパりんも、ギュ~!って、あかんあかん!
人の旦那やっちゅ~ねんな!(笑)
せやけど、ホンマ、みんなえらいえらい!(≧▽≦)

 心カテ、大人でも不安だし大変な検査なのに
よく頑張ったね。異常値じゃなくて私も
安心しました。

 カズマ母さんも色々大変だと思いますが、
体には気をつけてくださいね。私もそろそろ
あやしい。。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://maxbrothers.blog113.fc2.com/tb.php/558-c0e5fb77

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。